工房から

●漆刷毛

2021年08月14日

この度、漆刷毛の毛先出しを行いましたので、その手順をまとめてみました。合わせて竿作りに使う刷毛についても解説しました。 ●毛先出し 下の写真は私が胴塗りに使用している刷毛です。幅六分で女性の毛...続きを読む

●ライトアジ竿3種

2021年04月03日

東京湾ではライトタックルのアジ釣りが盛んに行われてます。釣果は安定していて、食べても美味しく、現在最も人気の高い釣りになっているのではないでしょうか。 この釣りはたしか20年くらい前、金沢八景の船宿...続きを読む

●タチウオ竿

2021年01月19日

深場用タチウオ竿の実釣記   上主和竿工房の新機軸、一本仕立ての深場用タチウオ竿を片手に、東京湾へと繰り出したのは寒のさなかの令和3年1月15日。小柴港の三喜丸に乗船する。目下の釣り場は猿島が望める...続きを読む

●陸っぱりハゼ竿

2020年10月08日

秋ハゼの季節になりました。最近作製した陸っぱりのハゼ竿を紹介いたします。 写真上は中通しの布袋竹竿です。全長は210センチと短めですが、東京近辺ですと9月いっぱいまではハゼは岸近くに付いており、この...続きを読む

●布袋竹の採取

2020年02月01日

暮れに工房アドバイザーの庄山さんと九州へ竹採取に行ってきました。下の写真が採取した布袋竹です。油抜きを終え、これから天日干しをします。 九州通いを始めて25年になりますが、一昨年に続き今回も採れ幸運...続きを読む
秋田市在住のAさんから吉報が届きました。男鹿半島沖で5キロの大ダイを釣ったとの報告です。Aさんには一つテンヤマダイ竿を先日お届けしたところでした。 秋田でも一つテンヤのタイ釣りは盛んなようです。竿の...続きを読む
山下橋の広島屋へアジ・タコのリレー釣りに行きました(8月5日)。 いつものように庄山さんと一緒です。猛暑、平日だというのに船には14人が乗り込みました。タコが釣れているからです。今年の東京湾はタコが...続きを読む

●穂先の破損

2019年08月07日

和竿の破損事故のほとんどは、グラス穂先の先端部の破損です。PEラインが穂先のガイドに巻きつき、それに気づかずに竿に力をかけてしまうと、ラインの巻きついた部分がいとも簡単に折れてしまいます。魚を取り込ん...続きを読む
釣行後には、流水で塩分を落とします。ガイドやリールシートには特に丁寧に水を当ててください。ガイドやリールシートと竿本体には隙間が生じていて、そこに塩分がたまりやすいからです。 また海水中には塩分だけ...続きを読む

●大原のタイ釣り

2019年04月18日

好天の天気予報に誘われ大原へタイ釣りに行きました(4月16日)。 同行していただいたのは工房のアドバイザーである庄山さん。釣りの知識や技術だけでなく、釣り人にまつわる喜怒哀楽まで知っている大先輩、我...続きを読む

PAGE
UP