●竿はホソ・カル・ピン

だいぶ昔、神田の釣具店主から聞いた言葉です。細く軽くピンとした竿がいい釣竿だという意味です。最近つくずくそうだなと思うようになりました。

ホソ・カル・ピンであるためにはまず張のある竹で作らなければなりませんが、もう一つ大切なことは竿の長さを抑えるということです。竹はカーボン素材のような軽さや張の強さがありません。長い竿にしてしまうと、太く重くダランとした竿になってしまいます。9尺のヒラメ竿、カーボンなら無理のない長さですが、竹でその長さにしてしまうといい竿にはならないと思います。

和竿には和竿の長さがあります。竹の特性に見合った長さにすることで使い勝手のいい竿になります。特殊な竿は別として200㎝以内、170㎝±30㎝と考えてください。


PAGE
UP